住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

不動産を購入する際の注意点

不動産、特にマンションを購入する際には、購入代金以外の諸費用に注意しましょう。マンションを購入する際には、部屋そのものの代金だけではなく、その他にも諸経費が必ずかかります。マンションの部屋自体の値段が、数百万〜数千万円と、一生ものの金額ですので、どうしても物件の金額以外の諸経費などの項目は、見逃しやすくなってしまいます。しかし、購入のための諸費用、1つ1つはそんなに高くなくても、積もり積もって、意外と高額になってしまうこともあるのです。そのため、総額の高さにびっくりするかもしれません。住みたいと思えるマンションを見つけて、本契約の段階で慌てないように、マンションの本契約の前に、あらかじめ、諸経費一つ一つの費用について調べておいて、契約に臨みましょう。諸経費の中で、もっとも多いのが、印紙代です。1種類だけではなく、何種類もあります。マンションの売買契約書に必要な印紙代。そして、住宅ローンを組む場合は、借入契約の際に必要な印紙代が必要です。中古を購入して、リフォームを行う場合は、同時に工事の契約書の印紙代も必要となります。印紙代は、契約書の金額によって変わります。高額なマンションになればなるほど、印紙代も高くなります。

印紙代は、あらかじめ、「印紙」という、切手に似ている薄い、糊で貼る小さな四角系の紙です。印紙を販売している販売場所にて購入します。最近では、コンビニエンスストアでも販売しています。決められた金額の印紙を契約書に貼り付けて、効力を発揮します。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.