住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

不動産をどのように活用するか

不動産をお持ちの方はよく土地活用などのご提案の営業の方が来ることはありませんか?現状すでに活用している方はともかく、これから活用していこうと考えている人は真剣にその方法を考える必要があります。不動産の業界は戦前から古くある業界、法整備も進んでいますがトラブルや失敗も後を絶ちません。

いくつか不動産を活用するポイントはあります。どの状態で誰に貸し出すか、活用するかがポイントです。一番簡単なのは土地をそのまま貸し出してしまうことでしょう。期限付きで土地を貸し出すなどの方法があり、その土地の上に別の人や会社が建物を建てるという方法です。リスクは低いですが、単体の土地を貸しているだけなので入ってくるお金も低めですね。

逆に土地の上に建物を建てて賃貸物件のオーナーなどになる場合は銀行から借り入れをするなど、リスクが大きくなります。しかし回収できるお金も大きくなる傾向にあるので、最初にどんな建物を建てるかきちんと考えましょう。近年は戸建ての賃貸は市場に出回っていない割に需要が大きいなど、賃貸物件もひと工夫するだけで常に安定した入金サイクルを作ることも可能です。家族で入居したいという要望がありそうな地域であれば可能ではないでしょうか。所持している不動産の周囲の状況を考えて、適切な活用方法を考えましょう。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.