住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

本当の高断熱な住まいのPRをより効果的に推進せよ

不動産業界ではいろんな形の住宅の販売をすることが商売の1つとなっているわけですが、それらの住まいは集合住宅、戸建て住宅ともに少しずつ改善されてきまして、外観や内装のデザイン、室内の各設備の技術進化ではシロウトが見ていても目を見張るものがあります。そして売り出されている家の中にはいわゆる高気密高断熱な住宅もありまして夏は涼しく冬は暖かいということが1つの特徴として宣伝されていたりします。ただこれら高気密高断熱な家の宣伝を見ていて少々不満に感じるところがあります。

その新築の高気密高断熱な家の宣伝を見ていて少々不満に感じる部分としては冬は暖かく夏は涼しいということを大々的にアピールしているわけですが、ほとんどはそれを実現させるための家の構造の説明に終始しているということであります。しかもその説明内容は素人には少々難しいような説明で終始しているのです。それよりももっと素人に解りやすく実際に人間が住んでいる家にお邪魔して夏場の室内の温度はいくらか、冬場住んでみて暖房を全く使わずして外気温に対して室内気温と湿度はいくらだとか言うことをもっと説明してほしいのです。また壁や断熱材の厚さはどのくらいでガラス窓はどんな構造で出来上がっているのか、そして冬場の大敵であるガラス窓などへの結露は暖房を使用していてもどのくらい抑えられているのかということもしっかりとアピールしてほしいのであります。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.