住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのリフォームや建て替えについて

新築の時は綺麗で快適な住まいでも、年月と共にいろいろな不具合が出てきます。また家族構成、ライフスタイルの変化によって、ちょっとしたリフォームが必要になってくることもあります。住まいは手に入れたらそれで終わりではありません。そこからどれだけ手をかけてあげるかが本当の住まいとの付き合いです。使い勝手が悪いのに我慢し続けるよりも、使いやすくリフォームしたほうが愛着もわくでしょう。リフォームや建て替えについて考えてみました。

住宅ローンは住まいを購入する時に利用するものだと多くの方が思っておられますが、リフォームにも低金利のローンが用意されています。住宅ローンと同じく物件を担保にするものと、無担保のものがあります。無担保ローンはその分金利は高くなりますが、リフォームであれば借りられること、時間がかからないこと、などがメリットです。担保の必要なローンは審査にも時間がかかりますし、リフォームの内容に条件がつけられていることもあります。建て替えは家を新築するのと同じですので住宅ローンが利用できます。但し以前のローンがまだ残っていると難しいでしょう。リフォームも建て替えも担保ローンを組む場合は別途抵当権設定や火災保険などの諸費用もかかります。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.