住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

素敵な住まいに住みたい。

今住んでいるアパートは、7年ほど間に嫁と二人で引っ越してきました。時が経ち、我々にも子どもがふたり授かり、空間が少しづつ狭くなっているのを感じています。2年もすれば上の子どもは小学生になり、机を置いたり、友達を家に呼ぶなど夢は広がります。お金はたいして持っていませんが、家族が幸せに過ごせる空間が欲しくて、素敵な住まいを探しています。

私自身は家について特段のこだわりはありません。中古物件でもいいのがあれば、購入してもいいと感じています。嫁はというと、雑貨などを扱っているブランドが建てた家に非常に興味を持っていて、わざわざ他県の物件を見学に行きました。外見は至ってシンプルで、屋内はセンスの良いレイアウトになっていました。確かにこれなら私も住みたいと感じるほどにセンスの良い作りでした。知り合いにハウジングメーカーを自営でやっている親戚がいて、このことを話しました。どうせ住むのなら、居心地の良い住まいに住みたいとも伝えました。今は、どこのハウジングメーカーも顧客のニーズに応え思い思いの家を建てる方が多くなってきたそうです。外観は、その会社独自の製法になってしまうけれど、内装は多少お金を出せば、自分たちの理想の空間を配置してくれるとのことでした。これからもどんどん見学やメーカーに足を運び、子どもたちも喜んでくれる住まいを築きたいと思います。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.