住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

日本の住まいは依然として真の世界一流ではないということ

今ごろの家の住まいは昔の住まいに比べて外観の見栄えも内装もかなり洗練されて近未来なデザインを醸し出していると同時に、内装設備もデザインそして技術面で最新のものが導入されてまるでホテルのような素晴らしい出来栄えを実現するに至りました。そしてその素晴らしい出来栄えの家は日本人はもとより外国の人にも多くの魅力を与えています。そんな素晴らしい出来栄えに仕上がった最近の日本の家なのですが、しかしながらこれで満足をしていたのでは真の世界一流の家とは言えないのであります。

ではなぜ最近の日本の住まいがいまだ真の世界一流の家とは言えないのかといいますと、1つ目は寿命が短いということにあります。寿命の短さに関しては日本の場合は約25年程度とされていまして、外国のそれに比べると半分以下となっていてさらに継続使用するためにはリフォームという名目の延命工事を追加しなければならず、ただでさえ高価な家にコストをかけなければならず高コストな家になってしまっています。そのためこれからの課題としては継続的な延命工事をしないで済むような研究と工夫をして将来反映できるようにする必要があるのです。そしてその研究と工夫をするための1つのヒントとしては日本国内だけの家を拝見していないで、いろんな外国の家をたくさん拝見してそれを材料にして研究していくことも1つの方法なのであります。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.