住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

こんなお客は不動産会社に嫌がられる

やはり、不動産の人間だったとしても、あまり行ってはダメなことだってあると思います。例えば、物件を探す前から、値引きをする事。値下げを前提として話すので、先ずは物件を見てから、色々下交渉をするのであれば、理解はできると思います。けれども、先ずいきなり、仲介料は無料にならないか?と言ったことを言われたら、あまりいい気分はしないと思います。ただ、此処が難しいところで、値引きの要求が全くできないかと言うとそうでも無く、この辺の関係性が重要になって来るんだと思います。また、気持ちが分からないでもありませんが、何件も物件を見たがるのも良くないかもしれません。ある程度絞ってから来たほうが良いと思います。

そして、これは比較の面だと思いますが、直ぐに他の不動産会社を引き合いに出して、あそこはどうだったと言うのも得策ではないと思います。勿論、色々話し合った結果、これダメお世話になった不動産会社の話を出すのは良いと思いますが、やはり時期とタイミングが大事なんだと思います。この様に、不動産会社側も契約して欲しいと思っていたとしても、あまり横柄な客、礼儀が無いのは良くないと思います。何事もタイミングと関係性かもしれません。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.