住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

改修しない住まいで暖房効果を上げる方法とは

古い住まいの場合は最近のしっかりした高断熱高気密な家に比べて断熱効果が劣ってしまいますので室内にいながら寒い思いをしなければなりません。その寒い思いを回避するためには暖房が欠かせないわけですが、その暖房を入れているにもかかわらず寒気が侵入してきて寒いと感じた人は少なからずいるはずです。そんな暖房を使用していながら寒いと感じるこの欠点を回避するためには高断熱な改修工事と逝きたいところですが、それには多額のお金が要りまして実行は容易ではありません。

そこで既存の住まいで大規模な工事費をかけないでなんとかその寒さを少しでも回避できる工夫がいくつかあります。その方法の1つ目は移動可能な石油ストーブや電気ストーブを前提にした話ですが、その電気ストーブや石油ストーブを窓の手前に置くということです。これだけで寒気が侵入してくると感じる割合を少しは減らすことができます。なぜならば窓の手前に暖房の熱源があるために窓から侵入してくる寒気は背後で遮られて人間を直接襲うことができないからです。もっと効果を上げるにはそれにプラスして窓にカーテンと雨戸の2つをすることで余計な寒さを感じさせず無駄に暖房を吹かし続けないで済むのです。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.