住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいのための不動産は老後のことまで考えて

住まいの生活では年末年始の出費が多い

住まいで暮らしていると、時期によって、お金が出て行く時期も違うと思います。12月では、お歳暮、クリスマス、飲み会、お正月にたべるおせちなど、いろいろ準備するものが、他の時期と比べて、多いことがわかりますね。また、年末なので、家庭では豪勢な食事を食べるところもあると思いますので、この時期に使う分を貯めておく必要がありますね。さらに、1月には、子供にお年玉をあげることになるので、お子様の多い家庭では、夫は大変です。でも、12月や1月にお金を使うことで、家族みんなが喜びを感じられていることを思うと、がんばろうという気持ちになりますね。

私の家庭では、元旦に祖父から受け継いだウスで餅をつくことになるので、年始まで腰を大事にしておかないといけないですね。私が思うに、12月や1月は、家族団欒が出来る一年でも少ない時期だと思います。12月の月末には会社でも仕事収めをするところも多いので、年末年始は、家族と一緒に暮らすことが出来るので、毎日仕事でがんばっている夫としては、家族と会話が出来ることがうれしいと思う方も多いと思います。めったに家族みんなが揃うことがあまりない時期なので、12月は豪勢な食事をするところが多いのかと思いますね。

Copyright (C)2019住まいのための不動産は老後のことまで考えて.All rights reserved.